【大丸心斎橋店北館】パルコ心斎橋(テナント/オープン予定/採用情報)

大阪府

パルコ心斎橋が大丸心斎橋店北館に10年ぶりに大阪に出店します。

そんなパルコ心斎橋のテナント情報、オープン予定日、採用情報をはじめ、パルコ心斎橋の情報を詳細に御紹介します。

スポンサーリンク

パルコ心斎橋情報

住所

大阪府大阪市中央区心斎橋筋1丁目8-3

周辺の地図

心斎橋店周辺地区マップ

パルコ心斎橋は、大丸心斎橋店北館に入居予定です。

その大丸心斎橋店北館の位置は、上の心斎橋店周辺地区マップにて確認してみてくださいね。

建物規模(北館全体)

地下2階、地上14階

延床面積(北館全体)

58,477.47㎡

当社賃借部分

地下2階から地上7階(一部賃借範囲外の区画あり)

当社賃借面積

約22,000㎡

投資額

約40億円予定

オープン予定(開業時期)

パルコ心斎橋は、2021年春オープン予定です。

テナント情報

パルコ心斎橋のテナント情報ですが、2019年5月時点では公開されていません。

また、公式情報が出次第、本記事にて詳細に御紹介させて頂きます。

採用情報

パルコ心斎橋の採用情報ですが、2019年5月時点では公開されていません。

また、情報が出次第、本記事にて詳細に御紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

大丸心斎橋本店と北館との接続


参照元:心斎橋店「北館」ビジネスモデル転換│2019年2月期第2四半期 決算説明会

大丸心斎橋本店は、2019年秋にリニューアル開業予定です。

上の画像のように、2021年春にリニューアルオープンする「大丸心斎橋本店」と、パルコ心斎橋が入居する「大丸心斎橋店北館」とが接続され、80,000㎡を超える大型商業施設が誕生する予定です。

公式発表情報

「大丸心斎橋店北館」への新規出店について

大丸心斎橋店は、本館、北館、南館の3館と13の周辺路面店で構成され、本館は現在建替え工事中(2019年秋 開業予定)です。

当社が出店する北館は、本館開業後に全館リニューアル工事に入り、当社はその地下2階から地上7階部分を賃借し(一部当社賃借外の区画あり)、新たな商業施設を計画いたします。

大阪地区では、当社は2施設のゼロゲート業態を営業していますがパルコ業態は空白地区であり、未出店エリアである心斎橋への出店は、当社の中期経営計画(2017~2021年度)の重点戦術「ストアブランド進化」における重要な位置付けとなります。

また、J.フロント リテイリンググループのアーバンドミナント戦略の重点エリアへの出店でもあり、松坂屋上野店の新南館「上野フロンティアタワー」に続く大丸松坂屋百貨店への出店2例目としてグループシナジーにも資するものと考えています。

今後は関西を代表する商業集積地の一つである心斎橋に相応しい商業施設として地域の皆様のご期待に応えられる店舗にすべく、出店準備を進めてまいります。

なお、2017年10月1日付で新規プランニング部門の「新規事業プロジェクト」を「心斎橋店準備室」に改訂し、店舗企画・テナントリーシングなどの業務を推進いたします。

商業施設の詳細に関しましては、決定次第お知らせいたします。

「大丸心斎橋店北館」への新規出店について

パルコ心斎橋関連記事

Jフロント、大丸心斎橋店 複合施設に

J・フロントリテイリングは、今秋に建て替える大丸心斎橋店(大阪市)を百貨店と専門店を組み合わせた複合施設にする。訪日客の来店が好調な複合商業施設「ギンザシックス」に入居するような専門店を充実させて、高級ブランドなどを誘致する。

商業ビル「パルコ」も隣接し多様なサービスを提供できるようになる。

グループで訪日外国人を含めた買い物客を取り込む。

Jフロント、大丸心斎橋店 複合施設に
J・フロントリテイリングは、今秋に建て替える大丸心斎橋店(大阪市)を百貨店と専門店を組み合わせた複合施設にする。訪日客の来店が好調な複合商業施設「ギンザシックス」に入居するような専門店を充実させて、
スポンサーリンク

百貨店変革 先導役に(好本達也 大丸松坂屋百貨店社長)

19年秋に新装開業する大丸心斎橋店の本館で具体的な形にしていく。「婦人服だけのフロア」は、基本的には作らない。レディース、メンズ、子供服の複合型や飲食といったほかのカテゴリーとの融合型の売り場に取り組みたい。

隣接する北館は、百貨店とは異なるビジネスモデルを展開するつもりだ。

地下2階~地上7階を商業施設のパルコ、上層階にはテナントを導入する。

心斎橋店を今後の都心店のモデルにしていきたい。

百貨店変革 先導役に(好本達也 大丸松坂屋百貨店社長) : 広論 : 企画・連載 : 関西発 : 地域 : ニュース
 大丸は京都で創業してから301年、松坂屋は名古屋での創業から400年以上になる。大丸も松坂屋も時代の変化に対応しながら古着屋から呉服商、そして百貨店へと姿を変えてきたが、今また百貨店のビジネスは大きな変革の時を迎え、次

心斎橋に「パルコ」が復活 大丸北館に2021年春開業へ – なんば経済新聞

パルコ(東京都豊島区)が9月28日、大丸心斎橋店(大阪市中央区心斎橋筋1)北館の一部フロアに2021年春、「パルコ」を出店すると発表した。

大丸心斎橋店は、本館、北館、南館の3館と13の周辺路面店で構成し、本館は現在、2019秋の開業を目指して建て替え工事を行っている。北館は本館の開業後にリニューアル工事に入る予定で、地下2階~地上7階の9フロア部分(約2万2000平方メートル)にパルコを出店する。投資額は40億円。

大阪エリアでは現在、「心斎橋ゼロゲート」(心斎橋筋1、H&M心斎橋店が出店)と、「道頓堀ゼロゲート」(道頓堀1、FOREVER 21 大阪道頓堀店が出店)を出店している。「心斎橋ゼロゲート」の場所にはかつて「心斎橋パルコ・本館」があったが、アメリカ村の「心斎橋パルコ・DUE館」(西心斎橋1)と共に2011年9月末に撤退していた。

心斎橋に「パルコ」が復活 大丸北館に2021年春開業へ
パルコ(東京都豊島区)が9月28日、大丸心斎橋店(大阪市中央区心斎橋筋1)北館の一部フロアに2021年春、「パルコ」を出店すると発表した。

パルコ(PARCO)が大丸心斎橋店北館に再出店!2021年春開業予定!

心斎橋パルコは、2011年9月に老朽化に伴う建物の建て替えを理由に閉店しました。

その後パルコ系列の商業施設「心斎橋ゼロゲート」が建設され、H&Mの旗艦店が貸し切りで入居しています。

大丸心斎橋店は、2019年秋の開業を目指して、本館では建て替え工事が行われています。本館の開業後に北館の全館リニューアル工事が行われる予定で、その地下2階〜地上7階部分をパルコが賃借し、新たな商業施設を計画しています。

大型の商業施設であることから、地名+パルコの「心斎橋パルコ」が復活する可能性もありますが、松坂屋上野店のパルコヤのように、全く新しい名称の商業施設となる可能性があります。

当記事では暫定的に心斎橋パルコ(仮)と表記します。

パルコ(PARCO)が大丸心斎橋店北館に再出店!バイト求人&テナント店舗は?2021年春オープン予定!
目次 心斎橋パルコ(仮)について 施設の規模 完成・開業時期 更新情報 心斎橋パルコ(仮)の入居テナント店舗 心斎橋パルコ(仮)のバイト求人情報 心斎橋駅周辺のバイト求...

大丸心斎橋店北館に「パルコ」 大阪進出は10年ぶり:朝日新聞デジタル

大丸松坂屋を運営するJフロントリテイリングは28日、大丸心斎橋店(大阪市中央区)の北館の地下2~地上7階部分(2万2千平方メートル)が、若者向けファッションビルの「パルコ」になると発表した。

2021年春に開業する。心斎橋パルコが11年に閉館して以来、大阪に進出するのは10年ぶりだ。

大丸心斎橋店北館に「パルコ」 大阪進出は10年ぶり:朝日新聞デジタル
 大丸松坂屋を運営するJフロントリテイリングは28日、大丸心斎橋店(大阪市中央区)の北館の地下2~地上7階部分(2万2千平方メートル)が、若者向けファッションビルの「パルコ」になると発表した。2021…

心斎橋パルコ:復活 21年春、大丸テナントで – 毎日新聞

大丸や松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングは28日、大阪市中央区の大丸心斎橋店の北館(旧そごう大阪店)の中核テナントとして、子会社のパルコが出店すると発表した。

2021年春に開業予定。パルコは1971年に北館の隣接地で「心斎橋パルコ」を開業し、バブル期に人気を博したが、11年に閉店。

10年ぶりの復活となる。今年8月末に大津パルコ(大津市)が閉店し、関西は空白地帯になっていた。

心斎橋パルコ:復活 21年春、大丸テナントで - 毎日新聞
 大丸や松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングは28日、大阪市中央区の大丸心斎橋店の北館(旧そごう大阪店)の中核テナントとして、子会社のパルコが出店すると発表した。2021年春に開業予定。パルコは1971年に北館の隣接地で「心斎橋パルコ」を開業し、バブル期に人気を博したが、11年に閉店。10年ぶり

パルコ、大丸心斎橋店に21年出店 大阪に再進出 :日本経済新聞

J・フロントリテイリングは28日、大丸心斎橋店(大阪市)の一部にパルコが2021年春に出店すると発表した。

同店北館の地下2階から地上7階にパルコが入居し、他のフロアは大丸松坂屋百貨店が運営する。

大阪ではパルコは11年に撤退して以来の出店になる。

パルコ、大丸心斎橋店に21年出店 大阪に再進出
J・フロントリテイリングは28日、大丸心斎橋店(大阪市)の一部にパルコが2021年春に出店すると発表した。同店北館の地下2階から地上7階にパルコが入居し、他のフロアは大丸松坂屋百貨店が運営する。大阪

大丸心斎橋店本館建て替えを正式発表/12月30日で営業を終了/御堂筋側の外壁を残す方向で検討

J.フロントリテイリングは24日、大丸心斎橋店本館の建て替えを決めた。

12月30日で本館の営業を終える。歴史的な価値を持つ御堂筋側の外壁を残す方向で検討している。

北館と南館は本館の売り場の移設を含めて改装を実施し、営業を続ける。

新装オープンは2019年を計画し、投資額は数百億円規模となる見通し。

大丸松坂屋百貨店やパルコを傘下に持つJ.フロント リテイリングは14年4月に14-16年度を対象とした中期経営計画を公表し、その中で「大型商業施設のオーバーストア化で競合が激化する大阪地区での競争力を抜本的に強化するため、大丸心斎橋店(本館、北館、南館)を中心に周辺の不動産・商業施設活用を含めた心斎橋地区再開発計画の具体化を進める」としていた。

大丸心斎橋店本館建て替えを正式発表/12月30日で営業を終了/御堂筋側の外壁を残す方向で検討 | 建設ニュース
『建設ニュース』は、株式会社建設ニュースが運営している不動産・建設の総合メディアです

進む”脱百貨店”、大丸心斎橋店北館の大型核テナントとしてパルコが出店

大丸心斎橋店北館の一部に、パルコが新商業施設を出店することが決定した。2021年春の開業を予定している。

本館開業後、全館のリニューアル工事に着手。北館1〜2階の一部は大丸松坂屋百貨店、地上8〜14階は大丸松坂屋百貨店の不動産事業部が運営を予定し、パルコは地下2階〜7階を賃借して新商業施設を計画する。投資額は約40億円を予定。

進む"脱百貨店"、大丸心斎橋店北館の大型核テナントとしてパルコが出店
 大丸心斎橋店北館の一部に、パルコが新商業施設を出店することが決定した。2021年春の開業を予定している。
タイトルとURLをコピーしました