【大阪府堺市】泉北ニュータウン「泉ケ丘駅前活性化計画」(オープン予定日/商業施設のテナント(店舗)/採用求人募集/駐車場)│南海電鉄 泉北高速鉄道

大阪府

南海電鉄が手掛ける泉北ニュータウン泉ケ丘駅前活性化計画情報(オープン予定日/テナント(店舗)/採用求人募集/駐車場等)の御紹介です。

商業施設や金融サービス、オフィスに医療施設などの出店を予定しており、屋上階には広場ができる予定です。

駅の反対側には、近畿大学医学部・附属病院移転予定地にもなっているので、ますます泉北ニュータウンは栄えた場所となりそうですね!

スポンサーリンク

泉北ニュータウン「泉ケ丘駅前活性化計画」

基本情報

住所

大阪府堺市南区竹城台1丁1付近

周辺の地図



建て替え計画予定地

泉北ニュータウン「泉ケ丘駅前活性化計画」建て替え計画予定地

泉北ニュータウン「泉ケ丘駅前活性化計画」の建て替え計画予定地は、上の画像の背景色が黄色となっている箇所です。

具体的には、南海電鉄 泉北高速鉄道泉ヶ丘駅の南東付近、泉ヶ丘ひろば専門店街付近、ビッグ・アイの東付近となりますね。

何より、泉ヶ丘駅から非常に近い場所ということもあり、多くの人が利用する場所となりそうですね!

また、駅を挟んで反対側には、近畿大学医学部・附属病院移転予定地にもなっているので、ますます泉北ニュータウンは栄えた場所となりそうですね!

オープン予定日

泉北ニュータウン「泉ケ丘駅前活性化計画」は、竣工予定が2025年9月となっており、オープン予定は2025年10月開業予定とのこと。

楽しみですね!

スポンサーリンク

工事着手

2022年4月から順次開始予定。

建物規模

地上4階、地下1階

施設用途

商業・金融サービス、オフィス、
医療施設、広場機能など

延床面積

約16,000㎡

テナント(店舗)情報

現時点では、テナント(店舗)情報は出ていません。

公式発表情報

泉北ニュータウン「泉ケ丘駅前活性化計画」始動 ~次代の沿線中核都市「泉ヶ丘」を目指して~

南海電気鉄道株式会社(社長:遠北光彦、以下「南海電鉄」)では、2021年度経営計画において中長期的施策 として、「まちづくりの推進」を掲げ、沿線の「暮らす・働く・訪れる」価値を高め、沿線人口の社会増につなげることを目的とし、ストレスフリーな移動や駅を拠点としたまちづくりに向けた取り組みを推進しております。

このたび、南海電鉄では、沿線の重要拠点である泉北ニュータウン・泉ヶ丘において次代の沿線中核都市「泉ヶ丘」を目指し、行政と共創で、「泉ケ丘駅前活性化計画」を始動することを決定しましたのでお知らせいたします。

参照元:泉北ニュータウン「泉ケ丘駅前活性化計画」始動 ~次代の沿線中核都市「泉ヶ丘」を目指して~

泉ヶ丘駅前地域活性化ビジョン│堺市

本協議会では、泉北ニュータウンの中核的タウンセンターであり、再生のトリガーともなる泉ヶ丘駅前地域において、地域住民、民間事業者、行政、公的団体、教育機関、NPO等が、活性化の目標や将来像を共有し、互いに手を携え、共に行動するための指針として、平成23年3月に「泉ヶ丘駅前地域活性化ビジョン」を策定しました。

本地域の活性化の取り組みにより、泉北ニュータウン全体の再生や活性化を誘導していくとともに、南大阪地域の活性化にも貢献できれば幸いです。また、公民協働で活性化を図ろうとし、エリアマネジメントを視野に入れた本ビジョンの取り組みが、全国のニュータウン再生のモデルとなれば幸いです。

参照元:泉ヶ丘駅前地域活性化ビジョン│堺市

SENBOKU New Design ~10年後の「まち」と「暮らす人」の姿のデザイン~

計画期間 平成23~32年度. 泉北ニュータウンの中核的タウンセンターである泉ヶ丘駅前地域の活性化に向けて策定

参照元:SENBOKU New Design ~10年後の「まち」と「暮らす人」の姿のデザイン~

地域活性化総合特別区域指定について(概要版)

① 指定申請に係る区域の範囲
ⅰ)総合特区として見込む区域の範囲
大阪府堺市の泉北NT全域(約 1,585ha)
ⅱ)個別の規制の特例措置等の適用を想定している区域

ⅲ)区域設定の根拠
人口の減少、少子高齢化の進行、住宅や公共施設等の老朽化など様々な問題が重層的に表れてきてい
る泉北NTを区域として設定。全国の同様の課題を抱えるニュータウンの再生の普遍的モデルとなり得
る。

参照元:地域活性化総合特別区域指定について(概要版)

採用求人情報

現時点では、採用求人情報は出ていません。

スポンサーリンク

Twitterコメント


関連HP

泉ヶ丘ひろば専門店街

泉ヶ丘ひろば専門店街【公式】
コミュニティ型のガーデン広場へと、新しく生まれ変わった「いずみがおか広場」。地元に愛される広場を中心に多彩なお店が集結しました。

関連記事

南海電鉄、大阪・泉ヶ丘駅前の「活性化計画」始動 25年の開業目指し複合施設を建設

泉北高速鉄道「泉ヶ丘駅」付近に地上4階、地下1階、延床面積約1万6000平方メートルの建物を新築する。

商業施設や金融サービス、オフィスに医療施設などの出店を予定している。22年4月より順次、工事に着手し、25年10月の開業を目指す。

新築予定の建物2階には大規模な広場を設け、駅前ロータリーデッキ2階の「堺市くすのき広場」と一体化させる。

そのほか、新築建物の各フロアや屋上階にも広場を設け、訪れた人がくつろげ、エリアマネジメント活動の中心地となる環境を構築する。

さらに新築する建物は、泉ヶ丘駅と移転予定の近畿大学病院などを結ぶルート上にある。

そこで、堺市と連携し、バリアフリーやユニバーサルデザインに配慮した歩行者ネットワークとして構成する。

南海電鉄、大阪・泉ヶ丘駅前の「活性化計画」始動 25年の開業目指し複合施設を建設
南海電気鉄道が、沿線の重要拠点である「泉北ニュータウン・泉ヶ丘」において、行政と共創で「泉ヶ丘駅前活性化計画」を始動すると発表した。

南海電鉄/商業・金融・オフィス・医療複合「泉ケ丘駅前活性化計画」

南海電気鉄道は3月7日、沿線の重要拠点である泉北ニュータウン・泉ヶ丘(堺市南区)において、行政と共創で「泉ケ丘駅前活性化計画」を始動すると発表した。

商業・金融サービス、オフィス、医療施設、広場機能などを備えた地上4階・地下1階の郊外型ミクストユース施設を開発する。

2025年10月の開業を予定している。

南海電鉄/商業・金融・オフィス・医療複合「泉ケ丘駅前活性化計画」
南海電気鉄道は3月7日、沿線

泉ヶ丘駅前地域活性化ビジョン・アクションプラン

泉ヶ丘駅前地域活性化ビジョン・アクションプラン - 市浦ハウジング&プランニング
株式会社市浦ハウジング&プランニングのオフィシャルサイトです。私たちはハウジング分野における専門コンサルタントとして、「人間居住の向上と居住環境における新たな価値創造への貢献」を基本理念として、社会に貢献したいと考えています。

泉北ニュータウン「泉ケ丘駅前活性化計画」

南海電気鉄道は、泉北ニュータウン「泉ケ丘駅前活性化計画」を始動させる。

建物の規模は、地上4階建・延床面積約16000㎡で、2022年4月に着工、2025年10月に開業する

泉北ニュータウン「泉ケ丘駅前活性化計画」(延床面積1.6ha)2025年10月開業予定
南海電気鉄道は、泉北ニュータウン「泉ケ丘駅前活性化計画」を始動させる。建物の規模は、地上4階建・延床面積約16,000㎡で、2022年4月に着工、2025年10月に開業する予定。商業・金融サービス、オフィス、医療施設、広場機能などを設置する

関連動画

泉ヶ丘を難波に次ぐ沿線都市に!? 南海による壮大な開発計画が遂に始動…?

泉ヶ丘はすごくポテンシャルを秘めた地域だと思います。

南海グループさんには頑張っていただきたいですね

【2024年竣工】近畿大学医学部キャンパスと附属病院が泉ヶ丘に移転! 延床面積145,000㎡の大規模開発で泉北ニュータウンを地域活性化できるか!?

近畿大学、すごいですね。

高齢化で衰退傾向にあった泉北ニュータウンも、若者の多い活気のある街へと変わるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました