【神奈川県横浜市】イオンモール横浜西口(オープン予定日/テナント(店舗)/映画館/採用求人募集/駐車場/開店・閉店時間)

神奈川県

ダイエー横浜西口店跡地に建設予定のイオンモール横浜西口情報(オープン予定日/テナント(店舗)/映画館/採用求人募集/駐車場/開店・閉店時間)の御紹介です。

イオンモール横浜西口は、横浜ビブレと隣接し、また近くには地上22階建ての住居用マンションも新設されるため、多くの人が訪れる大型商業施設となりそうなので楽しみですね!

スポンサーリンク

イオンモール横浜西口

基本情報

住所

神奈川県横浜市西区南幸二丁目16-1

周辺の地図



オープン予定日

イオンモール横浜西口のオープン予定日は、2023年秋予定です。

楽しみですね!

スポンサーリンク

敷地面積

約7,000m²

建物設置者

権田金属工業株式会社

運営管理者

イオンモール株式会社

延床面積

約35,000m²

総賃貸面積

約20,000m²

テナント(店舗)情報

現時点では、イオンモール横浜西口の「テナント(店舗)」情報は出ていません。

スポンサーリンク

公式発表情報

権田金属工業(株)との建物賃貸借基本協定締結及び「(仮称)イオンモール横浜西口」建築工事着工について

イオンモール株式会社(以下、当社)は、権田金属工業株式会社(以下、権田金属工業)と2019年2月に閉店した「ダイエー横浜西口店」跡地の土地活用、建物計画に関して合意し、建物賃貸借基本協定を締結しましたのでお知らせいたします。

『YOKOHAMA LIFE BASE』をコンセプトに、隣接する「横浜ビブレ」(当社関連会社である株式会社OPAが運営)と併せ、横浜駅西口エリアの商業環境の賑わいに寄与できる施設として、また、地域の皆さまの日々の暮らしを支えながら、新たなニーズにお応えできる商業施設を創造して参ります。

参照元:権田金属工業(株)との建物賃貸借基本協定締結及び「(仮称)イオンモール横浜西口」建築工事着工について

採用求人情報

現時点では、イオンモール横浜西口の「採用求人情報」は出ていません。

Twitterコメント

関連記事

ダイエー横浜西口店跡地「横浜南幸地区共同建替事業」の土地利用計画図

2019年2月に閉店した「ダイエー横浜西口店」跡地(横浜市西区南幸2)の建て替え事業「(仮称)横浜南幸地区共同建替事業」の土地利用計画図。事業は権田金属工業(相模原市中央区)と都市再生機構(横浜市中区本町)の共同事業で、建設は大林組。商業棟は10階建て、延床面積は約3万6千平方メートル。

住宅棟は22階建て高さ約75メートル、住戸数は254戸、延床面積約2万平方メートル。

2021年6月28日に起工式が行われ、建設工事が進んでいる。商業棟の完成は2023年秋。

イオンモール(千葉県千葉市)が権田金属工業と2021年7月20日に建物賃貸借基本協定を締結しており、「イオンモール横浜西口(仮称)」を開業する。

住宅棟は2025年1月15日に工事が完了する予定。建設地は、権田金属工業の創業の土地で、敷地面積は約7千平方メートル。

ダイエー横浜西口店跡地「横浜南幸地区共同建替事業」の土地利用計画図
2019年に閉店した横浜駅西口近くの「ダイエー横浜西口店」(横浜市西区南幸2)跡地に、2023年秋、「イオンモール横浜西口」(仮称)がオープンする。

“郊外の覇者”イオンモールが「東京23区」に初出店!驚きの「人気タウン」に決まった背景

イオンモールは自由が丘出店と同じ2023年秋に「横浜市初出店」として横浜の超一等地・JR横浜駅西口への進出も明らかにしている。

実はこちらも自由が丘と同様、イオン傘下となったスーパー「ダイエー横浜西口店」(2019年2月閉店)の跡地を活用するかたちでの出店となる。

“郊外の覇者”イオンモールが「東京23区」に初出店!驚きの「人気タウン」に決まった背景 | bizSPA!フレッシュ
 あらゆる業種の商業施設が集積する東京。しかし、郊外のロードサイドを中心に展開する店舗は「全国各地にあるにもかかわらず都心にない店舗ブランド」も少なくない。その代表格の1つが流通大手・イオングループが運営する大型ショッピングセンター「イオン

イオンモール横浜西口、2023年秋開業-横浜駅前のダイエー跡に

ダイエー横浜西口店は、横浜岡田屋(モアーズ)傘下のスーパー「サンコー横浜西口店」として現在の本館部分に1968年開業。

その後、ダイエーに経営譲渡、増床されて1972年4月に「ダイエー横浜ショッパーズプラザ」としてリニューアルオープンした。

なお、サンコーは1981年に当時ダイエーグループだったマルエツと合併、消滅している。

その後、店名は「ダイエー横浜西口店」に改称された。

本館(1-2階、3-10階はUR南幸市街地住宅)と新館(1-7階)で構成され、売場面積は11,348㎡。建物は権田金属工業が所有していた。

イオンモール横浜西口、2023年秋開業-横浜駅前のダイエー跡に | 都市商業研究所
神奈川県横浜市西区の横浜駅西口にあったダイエー横浜西口店跡に「(仮称)イオンモール横浜西口」が2023年秋に開業する。 (仮称)イオンモール横浜西口。 岡田屋モアーズ系スーパー・サンコー→ダイエー跡地 ダイエー横浜西口店は、横浜岡田屋(モアーズ)傘下のスーパー「サンコー横浜西口店」として現在の本館部分に1968年開業。

自由が丘にイオンモールの商業施設 2023年冬開業!

自由が丘にイオンモールの商業施設 2023年冬開業!テナントは?最新情報も!
東京都目黒区自由が丘の「ピーコックストア自由が丘店」跡地にイオンモールの商業施設「(仮称)自由が丘二丁目計画」が2023年秋開業!イオンモールが建築主となっており、複数店舗が出店することが予想されます!そんな、自由が丘のイオンモールの商業施

ダイエー横浜西口店跡地に「イオンモール横浜西口」 2023年秋オープン

2019年に閉店した横浜駅西口近くの「ダイエー横浜西口店」(横浜市西区南幸2)跡地に、2023年秋、「イオンモール横浜西口」(仮称)がオープンする。

ダイエー横浜西口店跡地に「イオンモール横浜西口」 2023年秋オープン
2019年に閉店した横浜駅西口近くの「ダイエー横浜西口店」(横浜市西区南幸2)跡地に、2023年秋、「イオンモール横浜西口」(仮称)がオープンする。

イオンモール横浜西口(仮称) 2023年秋開業!

神奈川県横浜市西区の「ダイエー横浜西口店」跡地にイオンモールの大型商業施設「イオンモール横浜西口」が2023年秋開業!

イオンモール横浜西口(仮称) 2023年秋開業!テナントは?最新情報も!
神奈川県横浜市西区の「ダイエー横浜西口店」跡地にイオンモールの大型商業施設「イオンモール横浜西口」が2023年秋開業!イオンモール横浜西口にはマンションと商業施設の複合ビルに建て替えられ、複数店舗が出店予定です!イオンモール横浜西口(ダイエ

イオンモール横浜西口、横浜駅西口ダイエー跡地に2023年秋オープン!

イオンモール横浜西口、横浜駅西口ダイエー跡地に2023年秋オープン! | はまこれ横浜
イオンモール横浜西口がダイエー跡地(横浜駅)に2023年秋オープン!イオンモール横浜西口は“YOKOHAMA LIFE BASE”をコンセプトに隣接の横浜ビブレと併せて商業環境の賑わいに寄与、地域住民の暮らしを支えながら新たなニーズに応える商業施設を目指します。URは賃貸住宅約250戸を2025年1月竣工予定です。

「イオンモール横浜西口」23年秋開業。ダイエー跡地

「イオンモール横浜西口」23年秋開業。ダイエー跡地
イオンモール社は、「(仮称)イオンモール横浜西口」の建築工事に、7月末に着工することを発表した。開業は2023年秋予定。

ダイエー横浜西口店跡地/「イオンモール横浜西口」2023年秋オープン

イオンモールは7月20日、権田金属工業と2019年2月に閉店した「ダイエー横浜西口店」跡地の土地活用、建物計画に関して合意し、2023年秋「(仮称)イオンモール横浜西口」をオープンすると発表した。

ダイエー横浜西口店跡地/「イオンモール横浜西口」2023年秋オープン
イオンモールは7月20日、権田&

ダイエー横浜西口店跡地開発の工事状況!解体後はイオンモール&住宅の複合ビルに建替え

2019年に閉店したダイエー横浜駅西口店その後のお話です。跡地で「(仮称)横浜南幸地区共同建替事業」が計画され、(仮称)イオンモール横浜西口と住宅が入る22階建ての複合ビルに建替え。

商業棟は2023年秋開業、住宅棟は2025年1月に竣工する予定です。完成までテナントや開業日情報、工事現場の状況を随時更新してお届けします。

ダイエー横浜西口店跡地開発の工事状況!解体後はイオンモール&住宅の複合ビルに建替え
公開:2021.2.19 2019年に閉店したダイエー横浜駅西口店その後のお話です。跡地で「(仮称)横浜南幸地区共同建替事業」が計画され、(仮称)イオンモール横浜西口と住宅が入る22階建ての複合ビルに建替え。 商業棟は2023年秋開業、住宅棟は2025年1月に竣工する予定です。完成までテナントや開業…

関連動画

(仮称)イオンモール横浜西口の建設現場に行ってみた

タイトルとURLをコピーしました